セラピスト紹介

セラピスト紹介

海月先生のインタビュー

エステを始めてからどのような道のりでしたか?
maik
23歳で結婚し、主婦業の傍らエステサロンで働いている頃、母の死や離婚を経験。私自身も大病を患いました。転職した美容メーカーでは連日深夜まで残業の日々。そこで仕事の厳しさも学びました。そのような困難に直面した自分の人生経験値は、ゲストとの関係において施術以上のものをもたらしています。施術中に悩みを打ち明けてくるゲストが、来た時よりも晴れやかな表情で帰っていく姿に精神的な癒しの重要性を実感しています。
ビューティセラピストの資格を取得されたそうですね。
maik
エステティシャンとしてオーストラリアへ留学し、政府認定の国家資格ビューティセラピストの資格を取得しました。解剖生理学や美容皮膚科学の知識、技術ではリンパドレナージュ等、他にもコミュニケーション力等が問われる幅広いものです。先端の知識や技術を確認するとともに、培ってきた技術やサービスが世界で通用することを実感できました。
「イマージュ」での特徴は?
maik
体の排泄を手助けし、基礎から健康な体を作るリンパドレナージュを基本として、ホットストーンや腸セラピー等の新しいメニューも積極的に取り入れています。他のサロンと大きく違うのはメンタルケアも本格的に行っていることです。
今後の展望を教えてください。
maik

誰でも心の中に、理想や憧れの自分を少なからずイメージしているものです。 それを実現させ、その人が本来持っている内面の美しさや自分らしさを引き出していく、それが私たちの仕事です。例えば、ストレスが原因でお肌のトラブルに悩まれている方には、世間話も交えながらサロンでリラックスして頂いたり、自宅でも気軽にケアできる方法をご紹介したり…。 今後も技術の提供はもちろんのこと、出会った人のエネルギーを高め、みんなを幸せに導いていきたいと思っています。そのためにも自分自身で幸せでいる努力をすることも重要です。幸せを感じれば女性は健康や美しさを手に入れ、その人の周りには良い人が増えます。そういった良い環境をどんどん広げていきたいですね。これからはカウンセリング(心理学)を取り入れ心とカラダ両方を癒せるサロンをと考えています。